(this post was reblogged from knnr)
運航会社側:

●老朽化による退役船を無茶な改造でトップヘビー化
●規定上限を大幅に超える重量の貨物&車両を積載
●その貨物の船内固定が非常にずさん
●航行の要となる操舵を入社4か月の新人に任せ
●出航遅延による遅れを取り戻そうと航路を外れ危険な海域へ
●漁船を煽り不必要な危険航行をし荷崩れを誘発 or 座礁
●事故発生後は乗客に「客室に留まれ」と避難行動を阻害
●両舷に設置されていた救命ボートの展開を一切行わず
●船長・操舵手をはじめとした乗員が乗客放置で真っ先に脱出
●士官達は責任追及を恐れ救助後は自らの身分を隠匿
●船長は阿鼻叫喚の現場をよそに悠然と紙幣を乾燥
●乗員「逃げるのに忙しくて他人(乗客)に構う暇なかったし」


行政側:

●日本の海上保安庁による救助支援の申し出を拒絶
●近海にて展開していた米海軍の救命艇積載ヘリを追い返す
●事故発覚早々に「ほとんど救助したぜドヤ」と発表→撤回
●「××人救助しましたよ」→撤回
●「船内にダイバー入りました」→撤回
●「空気注入始めたし」→撤回
●対策本部に朴大統領が颯爽と参上し現場を混乱
●翌日、一切の事態進展がないまま「大統領は徹夜した!」
●選挙活動中の候補者は事件を渡りに船と利用して避難轟々
●2年前に完成した自慢の救助艦は「性能知らんから使えない」
●船体引き揚げのクレーン船手配は「金払いたくないし」で遅延
●どこからともなくかき集めたダイバーは救助活動中に二重遭難


マスコミ側:

●行政側の不確定情報や又聞き・噂を片っ端から報道し撤回の嵐
●TVで「船内は死体が絡まった状態で浮遊してる」と字幕表示
●当該事故艦船は日本製だったと強調し暗に日本の責任論を煽る
●被害に遭った学生の修学旅行を「日帝残滓」と筋違い論を展開


その他韓国民たち:

●転覆直後から愉快犯による船内幽閉者を装うメールが跳梁跋扈
●あのラインも嘘、このカカオトークも嘘、お涙頂戴ぜーんぶ嘘
●被害者家族に「これじゃ成仏できませんよ」と葬儀詐欺師登場
●被害者家族に「1億ウォンで助けます」と救助ブローカー登場
(this post was reblogged from hiyoko72)
(this post was reblogged from yuria1224)
(this post was reblogged from positivelynoteworthy)
(this post was reblogged from knnr)

官能小説の書き方十か条があるので、簡単にまとめてみよう。

  • 第一条 : 官能小説は性欲をかきたてるだけのものではない。性欲はオナニーで消えてしまうが、淫心は人間が根源的に抱えているものであり、オナニーでは消えない。性欲の奥に流れているものである。
  • 第二条 : 好きな作家を見つけよ。淫心の入口はフェチ、自分自身のフェチを見つけろ。
  • 第三条 : まず短編を書いてみる。30-50枚くらいの短編を、フェチを意識しながら書けという。好きな作家の未読作品の最初と最後をそれぞれ5ページだけを読んで、真ん中を自分で想像して書き、比べてみろという。
  • 第四条 : 官能シーンを早く出せ。いきなり性交シーンという意味ではなく、胸でも尻でもチラリズムでもいいから、読み手のフェチを刺激することを始めよという。
  • 第五条 : 自分がしたくてもできないことを書け。やったら犯罪だが、小説として書くのは問題なし。想像力、願望力をたくましくして、したくでもできないことを弄べと励ます。
  • 第六条 : 三人以上の人物を登場させよ。一人の男と一人の女だけでは、話がふくらまない。キャラ×シチュ×フェチがバリエーションの基本だね。
  • 第七条 : 恥ずかしいと思うな。自分のパンツを脱いでいるつもりで、すべてをさらけだすつもりで書けという。これは文芸小説についても言えるね。
  • 第八条 : オノマトペをうまく使う。オノマトペに限らず、その状況を的確にイヤらしく一語で示すことができれば、官能小説として成功だと思う。
  • 第九条 : 性の優しさ、哀しさ、切なさを知っておく。セックスを書くということは、基本的に男女の粘膜の触合いを表現することではあるが、それを掘り下げていくと、性というものが持っている優しさ、哀しさ、切なさに突き当たるというのだ。オルガスムスとは小さな死。
  • 第十条 : 書いている途中でオナニーをするな 【重要】。これ重要。自分が勃起しないような小説で、読者を勃起させることはできないが、だからといって、その勃起でオナニーをしてはいけない。パワーが落ちて、書き進める気がなくなってしまうというのだ。接して漏らさずの誓いを守るでござる。

 官能小説入門として読むと便利だが、それだけにとどまらない。「櫻木充は匂いフェチの本質をわきまえている」とか「女にハードエロは書けないという偏見を覆した藍川京」といった、作家の本質をズバリ言い当てており、官能小説ブックガイドとしても白眉。ホームのキオスクに並んでいるアンソロジーを手当たり次第に試す前に、まず本書で嗜好の傾向を押さえよう。ヒット率が高まること請合う。

 濃密で豊穣な日本語を、ご堪能あれ。

(this post was reblogged from kositu)

cybergata:

"Hana will never find me here!"

"Maru, what are you doing in there?"

(this post was reblogged from knnr)
(this post was reblogged from ore2memo)
(this post was reblogged from darylfranz)
(this post was reblogged from ore2memo)
(this post was reblogged from darylfranz)

gastropostvancouver:

From Gastroposter Yukari Peerless, via Instagram:

Crepe with ham and egg.
(this post was reblogged from zuno)

givemeinternet:

In honor of the two conflicting holidays

(this post was reblogged from rebelliousrejectx)
(this post was reblogged from rebelliousrejectx)

(Source: joshutchersonn)

(this post was reblogged from adrianjackie)